--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2011/08/21.Sun

藤とニッコウキスゲ

110522hu2.jpg
〈聖岩トンネル付近の藤 2011.5.22〉

さて、続きまして、2011年5月、6月の花めぐりを少々。

5月下旬、新野へ向かう151号線は、
藤の花があちこちで咲き乱れます。

紫の房が垂れる姿はとても美しい…


110523fuji.jpg
〈巨大な藤〉

…デカッ!
毎年こんなに藤が集まっていたのでしょうか…

この藤が、下へと咲いていて、
大きな紫の滝を見ているようでした。

来年もチェックしなくてはいけないポイントです♪


110619-2ni.jpg
〈大村湖ニッコウキスゲ 2011.6.19〉

飯田方面から新野へ入ってすぐに、
大村湖と呼ばれる溜池があります。

その池の向いは、阿南第二中の学有林となっていて、
中学生の時は下草刈りなどを行った思い出があります。

実は、この林の中、
3つの貴重な花が咲く場所として、
大切に保護・管理されています。

春先には、ザゼンソウが雪の間から顔をのぞかせます。

そして初夏になると、
ニッコウキスゲとササユリが、
相次いで咲きます。

この写真の1週間ほど前、
この林を管理している方に話を聞いたところ、
見ごろを教えてくださいまして、
いさんで撮影にでかけました。

管理しているおじさま曰く、
自生しているニッコウキスゲは非常に珍しいのだそうで、
新野という気候だから咲くのだ、と言っていました。

高原でしか見られない、というイメージの花ですが、
国道沿いで車内からも気軽に鑑賞できるのはうれしい。

これも、みんなに見てもらいたいという
管理のおじさまや新野の人々の手厚い世話のおかげです。

…ササユリは7月初めが見ごろとのことで、
撮影する予定でしたが、日が合わず、断念しました。

う~ん、来年こそ!


110619-1ni.jpg
〈あざやかなオレンジ… マクロの世界〉

さて、昨年の暮れ、
ど~~しても欲しくて、買ったものがありました。

ふふふ。
100mmマクロレンズです。

いろんな写真を見るにつけ、
あこがれるのはマクロの世界でした。

肉眼では見られないものが、撮れる。
細かな描写、やわらかなボケ…
私も撮りたい!!!!

ということで、
7D購入時から考えてはいましたが、
思い切って、買ってしまったのです。

EF 100mm F2.8L マクロ IS USM

手持ちでも、ほとんど手ぶれなし!
三脚嫌いな私の強い味方となりました!

まだまだマクロレンズの世界に触れた程度ですが、
いろんな世界を、のぞいてみたいと思います♪

スポンサーサイト
新野よいとこ | Comments(1) | Trackback(1)
2011/08/21.Sun

桜めぐり2011【阿南町大下条・新野】

110417-1ti.jpg
〈上千木の桜…花桃と一緒に 2011.4.17〉

さぁ~♪
今年もきました、桜の時期♪

…って、うぉい!
8月下旬だよッ! コオロギ鳴いてるよッ!

…というわけで、
2年連続のチンタラ更新で申し訳ありません…


昨年の本盆の記事の更新後、
ちょっと旅に出ておりまして
その後、交信が途絶えておりました…


この期間にありました、うら盆、行人様の花火、雪祭りなどは
新しくパートナーとなりましたEOS7Dで納めておりますが、
諸々の行事をサクッとスルーしまして、
今年の桜を少しご紹介いたします。

とはいいましても、今年はあまり撮りに行けず、
毎年欠かさず撮っている2か所のみのご紹介。


上の写真は、
阿南町大下条地区の上千木の桜です。
今年は、他の桜もそうでしたが、
寒い日が続き、とにかく開花が遅かった!

しかも、昨年より花の色が薄い気がしました。

それでも、手前の畑の脇に植えられた花桃並木が咲き、
その間からのぞく桜が美しかったです♪


110417-2ti.jpg
〈春爛漫 2011.4.17〉

毎年、ここへ来たくなるのは、
視界全部で『春』を感じられるからでしょうか。

上を見れば、桜に花桃、梅が咲き
足元を見れば、芽吹いた緑にオオイヌノフグリが咲き、
のどかな風景に、時間を忘れるのです…


110424-2zu.jpg
〈瑞光院の桜…満開まであと少し 2011.4.24〉

新野の瑞光院の桜です。

上千木の桜と同じく開花が遅れていましたが、
まだ、満開ではなく、少し残念。

空の青を出したいので、朝、撮影に行きました。

15mmの広角で撮った桜は、迫力があります!
こんなに広く撮れるなんて♪


110424-1zu.jpg
〈空から降る桜 2011.4.24〉

もう少しで満開でしたが、
今年は撮れませんでした…

来年の楽しみです♪


もう少し、花めぐりをいたします。
新野よいとこ | Comments(0) | Trackback(1)
2010/09/18.Sat

盆よ盆よと楽しむうちに… 新野盆踊り2010 その3

100918-19.jpg
〈踊る友…16日4時ころ〉

さて、今年は思うこと・学ぶこともたくさんあり、
非常に思い出深い盆踊りになりました。

というわけで、個人的な裏話を少々。
盆踊りについて、資料的な要素は含んでおりませんので、
読み流してくださいませ。


…決意新たに臨んだ今年の新野盆踊り。

その1 写真を撮る!
先述のとおり、新しいカメラでの撮影。
うきうき、わくわく、どきどき。
大丈夫かなぁ。ちゃんと撮れるかなぁ。
心配しながら臨みました。

その2 唄うぞ踊るぞ!
…新たにする決意ではないですね。
毎年思ってますので。

初日、14日。
昼間心配していた雨も上がって、無事始まった盆踊り。
ただ、私は翌15日の朝から遠方で用事があったため、
12時まで撮って踊って、泣く泣く帰宅。
窓から聞こえる盆唄… さみしい…

100918-21.jpg
〈上手に踊る女の子〉


2日目、15日。
日が替ってから、2時出動…

遅ればせながら…ということで、踊りの会の事務所へ行くと、
「まぁまぁ」とお約束の1杯…2杯…。

普段はほとんど飲まないもんですから、
事務所を出る頃には、軽く酔っておりまして。
そうしたら、唄っても息が続かない!
いやぁ~、びっくり!

おやまなどは、途中で倍くらい息継ぎを…
何してんねん!

酔いが覚めてきたところで、何枚か写真を撮りました。
そこで痛感。
浴衣で写真は、着くずれる。

4時くらいから櫓に登らせていただいて、
子どもの頃から憧れておりました音頭取りの方と、
盆踊りを通じて知り合った音頭取りの方と3人で
その日の終わりまで唄えることができました。

は~♪ うれしい~♪
まさに至福の時…

もう一日ありましたが、ものすごい満足感でした。
唄を知らないので、櫓に登るのは烏滸がましいのですが、
それでも、うれしかったです。
私がジャマになってなければいいのですけど。


100918-22.jpg
〈櫓と音頭取り〉


16日最終日、音頭取り事務所で女子会^^

盆踊りで知り合った先輩音頭取りの方と、
同じく盆踊りを通じて知り合った新野出身の年下の音頭取りの方。

盆踊りで顔見知りになる方は大勢いますが、
こうして話ができるようになれたのが、本当にうれしかったです。

自分がほとんど新野にいないので、
こういう機会に地元の方々とお話できるのもうれしい。

事務所に11時半までおりまして、
その後、2時ころまで、ずーっと踊っておりました。

2時すぎ、一旦家に帰って、カメラスタイルにて再度会場へ。
浴衣で撮影は、昨晩、着くずれることがわかったので、あきらめました。


その後は、踊ったり写真を撮ったり…
なんともせわしないカメラマンでした。

でも、わかったのは、撮りながら唄える……♪

カメラを構えながら唄っていた奇妙な女は、私です。
うふ。


…さて、行列が会場を通り抜け、踊り子たちが瑞光院へ向いました。

仏様を送り、盆踊りを終わりにする。
秋唄を唄い、盆踊りの最後を見届ける人たち。

その一方、一部の保存会の方々が、片付けをしていました。
盆踊りが終わった朝、ゴミ一つ落ちていない会場…
盆踊りを終えるために、陰で働く人たち。

双方が同時に行われているからこそ、無事に盆が終わるのです。

また、保存会の方々だけでなく、
新野の皆さん、盆踊りへ来てくださった大勢の皆さん。

あの会場に、千石平にいる人、一人ひとりが役目を全うする。
こうした大勢の人のつながりで、歴史が続いていくのだと感じました。


感謝と感動でいっぱいの、17日の朝。
喜びと満足でいっぱいの、今年の盆踊りでした。


↓ぽちっとお願いいたします♪
banner_12.gif
新野よいとこ | Comments(2) | Trackback(1)
2010/09/18.Sat

盆よ盆よと春から待ちて… 新野盆踊り2010 その2

100918-17.jpg
〈灯籠行列、出発〉

前回からの続き。

和讃が終わると、ちんちんちん、と鉦が鳴らされ
「なんまいだんぼ」
と声があがります。

途端、櫓の上では唄を能登に切り替え、
輪が一気に活気づきます。


100918-18.jpg
〈子ども達が担ぐ切子灯籠〉

行列は、会場から10分弱ほど離れたところにある
砂田地区のお太子様のもとへ。

そこでも和讃を唱え、唱え終わると花火が上がります。
行列は、きた道を引き返し、会場へと戻ってきます。


100918-8.jpg
〈能登を踊る!!!〉

行列が戻ってくる間、会場では能登が踊られています。

 盆よ盆よと春から待ちて 盆が過ぎたら何ょ待ちる
 さあさ皆様しおれちゃだめよ 二度としおれりゃさとられる

声を張り上げ、腕を振り、皆、最後の踊りを踊ります。

100918-9.jpg
〈さあさ、みなさま、しおれちゃだめよ〉

行列が戻ってくると、行列に近い方踊りの輪が崩れ出し、
小さな輪ができていきます。

行列は輪の中央を通り、寺山地区の瑞光院へと向かうのですが、
行列が通り抜けると盆踊りが終わりになるため、通せんぼをするのです。

隣で踊っていた、はじめましての人ともガッチリ肩を組んで通せんぼ。
その間も、皆、唄を歌います。

 二度としおれりゃ さとられる!

100918-10.jpg
〈崩れる輪…〉

「なんまいだんぼ!」
行列の先頭にいる音頭取りが、輪を崩します。

基本的はぐいーっと押してくるのですが、
それでも輪が強固だと、くすぐったりして、ちょいと卑怯なことも致します。

ここで浴衣が乱れることもしばしば。
女性の皆さん、しっかり着ていきましょう!

100918-11.jpg
〈老若男女、輪に加わる〉

小さな輪へは、小学生も大人もお年寄りも加わります。

肩を組んで飛び跳ねるので、隣の人の足を踏んずけたり、踏みつけられたり…
お互い、下駄です。結構痛い。
しかも、輪が崩れた拍子にぶつかったりよろけたりするので、
小さい子どもたちには危ない!

…この輪の中心には、なぜか音頭取りの重鎮が…?

おじいちゃん、危ない!ちょっとハラハラ。
(まだまだ負けん!新野のお年寄りはとってもお若いです)

ちなみに、行列が櫓を過ぎると、
櫓の上で音頭をとっていた音頭取りも降りてきて、輪に加わります。

100918-12.jpg
〈もっとがんばれ!〉

行列の音頭取りも、輪を呷ったり、押したりして大変。
一つひとつの輪を崩していくのは重労働。

この輪は中学生の音頭取りの輪でした。

100918-13.jpg
〈次の輪へ…笑顔で急ぐ〉

輪が崩れても、人は止まりません。
次!とばかり、先へ急ぎます。
そして、また輪を作る…

こうして、行列が会場を通り抜け、瑞光院へ着くまで、
たくさんの輪ができるのです。

崩れるたびに、皆、笑顔で、足早に先へ進みます。

100918-14.jpg
〈揺れる切子灯籠〉

 盆よ盆よと春から待ちて 盆が過ぎたら何ょ待ちる

灯籠の行列が、会場を出ていきます。

100918-15.jpg
〈瑞光院へと向かう行列〉

時々輪を作りながらも、瑞光院へ向かう行列はだんだんと長くなります。

瑞光院へ着くと、切子灯籠は積み上げられ、
行者さまが刀で切りつけてから、火をつけて燃やします。

同時に、花火が上がり、終わりを告げます。

人々はこの後、それぞれ帰路に着くわけですが、
このとき、振り返ってはいけないことになっています。
振り返ると踊りの神様や送った仏様が付いてくると言われます。

音頭取りは、秋唄を歌いながら帰ります。

 秋が来たそで鹿さえ鳴くに なぜか紅葉が色づかぬ
 盆よ盆よと楽しむうちに いつか身にしむ秋の風
 稲は穂に出てちょいと花かけて さらり乱れて秋の空


2010年 新野の盆踊り、本盆終了。


↓ぽちっとお願いいたします♪
banner_12.gif
新野よいとこ | Comments(0) | Trackback(0)
2010/09/18.Sat

盆よ盆よと春から待ちて… 新野盆踊り2010 その1

100917-2.jpg
〈17日の夜、櫓に飾られる切子灯籠〉

遅くなりましたが…
今年も踊ってまいりました、新野の盆踊り。

今年は、盆踊りに合わせて、カメラを新調してしまいました。
「してしまった」とは、ちょっと弱気な発言ですが。
私ごときが使うには、もったいない代物…
まぁ、下手さをカバーしてもらえるかも…
(無理?)

ということで、昨年自分に誓いました、
「盆踊りの最後を撮る!」を実行してきました。

3晩、夜を徹して踊り明かす新野の盆踊り。
その締めくくり、17日の朝にだけ見られる光景。

今年は、17日の3時ころから
クライマックスまでをご紹介します。


100917-1.jpg
〈3時すぎ…〉

最終日ですが、まだまだ人もまばら。

手前の提灯は、輪の端に置かれるもので、櫓の手前と奥に1つずつあります。
人が増えると櫓から離され、輪が長くなっていきます。


100918-1.jpg
〈4時50分…夜明け近し〉

東の空が、明るくなり始めました。

もうじき能登だと思う、嬉しい瞬間。
盆踊りの終りを感じる、淋しい瞬間。


100918-2.jpg
〈5時…灯籠が下され始める〉

音頭取りの方々が、櫓にのぼり、一つ一つ灯籠をおろします。


100918-3.jpg
下された灯籠は運ばれ…


100918-4.jpg
踊りの輪の中へ並べられます。

この灯籠は、希望した子どもたちが担ぎます。


100918-5.jpg
〈5時30分すぎ…行者さま、櫓の下へ〉

御嶽行者さま、颯爽と登場。
「木曽から来てくださるの?」と、保存会のおじさまに聞いたところ、
「新野の人だに」と言われました…
農家を営んでいらっしゃるそうです。


100918-6.jpg
〈日の出…〉

日が昇り、熱い日差しが照らし始めます。
櫓の下では、行者さまと音頭取りが、櫓の下にある市神様に和讃を唱えています。


100918-7.jpg
〈能登を待つ輪〉

輪もずいぶんと長くなりました。
能登を踊りたくて、みんな早起きしてきました。
お年寄りも子どもも参加しています。
最初の写真と比べると、提灯がずいぶん櫓から離されました。


…続きます。



↓ぽちっとお願いいたします♪
banner_12.gif
新野よいとこ | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。