FC2ブログ
2009/07/19.Sun

おちょぼ口カエルとでかおたま

※ご注意:再びカエルです!
      カエルが苦手な方、ご注意ください!


090719-1.jpg
〈スレンダーな顔つき…〉

再び、おちょぼ口カエル。
今度は別のコです。

尻尾がなくなったすぐ後くらいでしょうか。
口がちょっと大きくなってきたような。

目ばかり大きくみえる…

090719-2.jpg
〈小さい!〉

この子は今年見た中で、一番小さかった…♪
私の指の上にのせても、このくらい。
う~ん、食べちゃいたい。(…失言です)


090719-3.jpg
〈おちょぼ口カエルとでかおたまの共演(?)〉

で、同じ田んぼで見つけたおたまじゃくし♪

…でか!!!

カエルも小さいのですが、
このおたまじゃくしも、並はずれてでかい。

私の手のひらにのせても、こんくらい…
ずっしり、重量感…


090719-4.jpg
〈どちらも、迷惑そう…〉

おたまっこは、足がでているし、もうじき手もでそう。

トノサマガエルのおたまじゃくしでしょうか…?

もし、このおたまじゃくしが何カエルかわかる方がいらっしゃいましたら、
ぜひ教えていただきたいです。

私の持ってる本では、わかりかねます…

090719-5.jpg
〈遊んでくれて、ありがとうね♪〉

たっぷり遊んだので、また田んぼへ。

でかおたまは、さ~っと泳いで行ってしまいました。
ホントは、カエルになるところを見たかった… ぐすん。心残りです。

おちょぼ口カエルは、稲にしっかとしがみついていました。
これから大きくなるのかな~♪

口の形が変わる間は、餌を食べないのだそうです。
おたまじゃくしからカエルへ、劇的な変態をとげるカエルたち。

神秘的で、かわいらしい生き物です♪
スポンサーサイト



好きなもの | Comments(2) | Trackback(0)
2009/06/27.Sat

おちょぼ口カエル

ご注意:カエルの苦手な方はお気を付けください!

090627-3.jpg
〈シッポつきカエル捕獲〉

シッポのあるアマガエルを捕まえました。
…って、なんのことはない、変態途中の子ガエルです。

昔はよくつかまえた思い出があります。
久しぶりに出会ったので、ちょっとだけ一緒に遊んでもらいました。
小さくてかわいい!
皮膚がテラテラと光っていて、なんともキレイ♪

手にのせて観察していますと、親ガエルと何かが違う…

090627-2.jpg
〈口が小さい子ガエル〉

あ!口が小さい!
そう、まるで拗ねているかのように、口がすぼんでいて、おちょぼ口なのです。

090627-4.jpg
〈大人カエルに協力を依頼〉

親のカエルと比べると、口の大きさがわかります。

親は、ガバッと顔のハバ分、口が開くようになります。
オタマジャクシはおちょぼ口で、ザリザリと削り取って餌を食べています。
なるほど、これからシッポがなくなるにつれて、口が大きく開いていくのか。
そういえば、親に比べると顔もとがってる。
目玉も、まだそんなにでっぱってない。

オタマジャクシからカエルになる、
新たな発見でうれしかったです。


090627-1.jpg
〈体長15mmの怪獣 迫力満点!〉

それにしても、カエルはカエルで完成されてるけど、
この子もかっこいいなぁ。
ちっこい怪獣みたい!
好きなもの | Comments(0) | Trackback(0)
2008/10/23.Thu

夕焼け小焼け

081023-1.jpg
〈飯田市内アップルロードより〉

子どもの頃、友達と遊んだ帰り道、犬との散歩の帰り道、
夕焼けを見ながら家へと帰りました。
特に好き!というわけではなかったのですが、
ここ数年、なんとなく夕暮れに惹かれる様になりました。

081023-2.jpg
〈飯田市風越山…と家に帰るカラス〉

昼間より濃くなる雲がいい。
青から赤、そして紺へと変わる空の色がいい。
雲間から伸びる太陽の残光がいい。
輝きはじめる月がいい。
そして対照的に色を無くす全てのシルエットがいい。
…ついつい見入ってしまうのです。

081023-3.jpg
〈喬木村にて…大きな月が昇って来た〉

ついつい見入ってしまうって…
もしや自分が年をとって、子ども時代を懐かしんでいるから…?
郷愁とか哀愁とか…??

081023-4.jpg
〈飯田市にて…紅い雲と照り始めた月〉

いやいや、きっとカメラを買ったせいだろう、
雲も色も光も、今日と同じものは見られないのだから、
せめて今の瞬間を切り取っておこう…
などと、自分に言い聞かせ、写真を撮っています。

081023-5.jpg
〈飯田のシンボル…風越山〉

さて、上の写真の風越山ですが、毎年「風越山を撮ろう」というイベントが行われています。
6月1日午前11時11分に、思い思いの場所から、一斉に風越山を撮影します。
(多少の時間の誤差はOKです)
今年、6月1日撮影に初参加。
その後、7月に写真展示を見に行きましたが、応募総数400点余、
それぞれが工夫を凝らして撮影した様子がとても楽しい!
気軽に参加できるので、6月1日は、風越山にレンズを向けましょう!
好きなもの | Comments(0) | Trackback(0)
2008/09/13.Sat

続々・夏の思い出…カエル好き

080912-1.jpg

朝晩もすっかり涼しくなり、日中に吹く風も涼やかな秋風。
夜、聞こえるのも虫の声…
冬も待ち遠しいけれど、夏が終わるとちょっぴり淋しくなります。
それは、カエルの姿が見えなくなるから。

080912-3.jpg

子どもの頃から、カエルが好き。…と自覚していたわけではないのですが、
小学校への登下校時、田んぼでカエルをつかまえては遊びました。
ツンツンつっつくと、体を大きく見せようとおなかをふくらませるところとか、
水たまりにそっと浮かべると、しばらく死んだフリをしていて、
その後急に泳ぎ出したりするところとか、
その泳ぐ姿が、手はペタ~っと体につけて
スイスイ後ろ足だけで進んで行くところとか、
目玉をそっと上から押すとペコっと頭に収納されるところとか、
とにかく見ていて飽きない生き物です。

080912-2.jpg

大人になってからは、さすがに遊ぼうとは思いませんが、
見かければついつい捕まえて、近くで眺めてしまいます。
特にアマガエルがたまらなく好きです。
顔の丸さといい、色といい、かわいらしさ爆発。
そこらへくっつく特技もさることながら、回りに合わせて体色を変化させる技もすごい。
こんな小さいのに、すごいなぁ~と思いつつ、茶色のアマガエルを緑のジョウロヘ入れて、色が変わるのを待ったりして。(色はすぐには変わりません)

080912-5.jpg

ところで、カエルと言えば夏、夏と言えばプール。
小学校時代、私はプールをしょっちゅう休んでいました。
理由は結膜炎。なんでか毎年、結膜炎になっていました。
人にうつるので、プールはダメだし、家での洗顔タオルも別々。
小学校での思い出の一つです。

…が、数年前、テレビを見ていて原因が判明しました。
実は、アマガエルも毒ガエルだったのです。
その毒とは…「アマガエルに触れた手で目をこすると結膜炎になります」。
…う~ん、意外なところでカエル好きが仇に…。

※この毒、ひどいときには失明することもあるとか。
 動物に触ったら必ず手を洗いましょう!


好きなもの | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME |