FC2ブログ
--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/10/30.Fri

「かっちゃんの秋刀魚の話。」

091030.jpg
〈ハナノキの紅葉〉


ちょっと昔の話をしてみようと思う。

話し手はかっちゃん。
新野に住む、元気で若いお年寄りだ。

昔の話は、面白い。
とても楽しげに、人が生活しているように感じる。
それに、当時の匂いがしてくるような気がするから、
私は時々、かっちゃんに昔の話をしてもらう。

かっちゃんから聞いた話を、
そのままにするのは惜しいような気がしたので、
時々ここへ綴ってみようと思い立った。

というわけで、
今日は秋にちなんだ話。



「かっちゃんの秋刀魚の話。」


かっちゃんは、山師だ。
頼まれりゃあ、山へ行っちゃあ木を切り出す。
綱1本で、するすると木に登る。

かっちゃんの仕事着は、法被だ。
紺色の法被。襟には、もらった製材屋の名前が入っている。
頭には帽子。これも、製材屋でもらった。
足元は、地下足袋。
腰には、鉈と鋸が入った筒を下げる。
これが仕事に行く時の格好だ。

小柄だが、かっちゃんは、力持ちだ。
余分な肉は一切ない。
人よりよく動く。くるくると、時間があれば動く。
いつも螺子を巻いている。

かっちゃんの親父も、山師だった。
よく一緒に山へ行った。

秋になり、かっちゃんはその頃の話をする。



 ――― かっちゃんの話 ――――
 
 昔は、弁当のおかずなんかなかったもんで。
 朝、一力(地元の店のことだに)の前に、魚屋がくるもんでな、
 そこへ行っちゃあ、秋刀魚を2匹買って山へ持ってくのよ。

 こぉんな(かっちゃんは片方の手を軽く丸めて言う)、
 ふっといふっとい秋刀魚をな、おやっさんの分と、おれの分と買ってな。
 2尾20円だに。

 それを山へ行って仕事しながら、火を焚いて、焼くのよ。
 木を削ってな。
 それを秋刀魚にぶっさして、地面に立てて、焼くんな。

 油が『ジュッ』つっちゃあ、落ちるんな。
 それがいいにおいでなぁ。

 秋刀魚が焼けりゃあ、「おやっさん、飯だに」って言ってな、
 大きい方をおやっさんにやって、食うんな。

 これがうまくてなぁ。
 ……あれはうまかったなぁ。

 あの秋刀魚は、うまかった。




かっちゃんの話を聞いとると、秋刀魚が食べたくなる。
串にさして、焚火でじっくりあぶった秋刀魚。

かっちゃんの話は、またするでな。



↓ぽちっとお願いいたします♪
banner_12.gif

スポンサーサイト
かっちゃんの話 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。