FC2ブログ
2008/10/29.Wed

花…

080924-3.jpg

新野の山の中で見つけた花。
なんという名前かはわからないけど、なんだか模様がかわいらしい。
…と思って、撮ってみた1枚。

でも、あらためてみると、宇宙人にも見える…
スポンサーサイト



顔写真 | Comments(0) | Trackback(0)
2008/10/23.Thu

夕焼け小焼け

081023-1.jpg
〈飯田市内アップルロードより〉

子どもの頃、友達と遊んだ帰り道、犬との散歩の帰り道、
夕焼けを見ながら家へと帰りました。
特に好き!というわけではなかったのですが、
ここ数年、なんとなく夕暮れに惹かれる様になりました。

081023-2.jpg
〈飯田市風越山…と家に帰るカラス〉

昼間より濃くなる雲がいい。
青から赤、そして紺へと変わる空の色がいい。
雲間から伸びる太陽の残光がいい。
輝きはじめる月がいい。
そして対照的に色を無くす全てのシルエットがいい。
…ついつい見入ってしまうのです。

081023-3.jpg
〈喬木村にて…大きな月が昇って来た〉

ついつい見入ってしまうって…
もしや自分が年をとって、子ども時代を懐かしんでいるから…?
郷愁とか哀愁とか…??

081023-4.jpg
〈飯田市にて…紅い雲と照り始めた月〉

いやいや、きっとカメラを買ったせいだろう、
雲も色も光も、今日と同じものは見られないのだから、
せめて今の瞬間を切り取っておこう…
などと、自分に言い聞かせ、写真を撮っています。

081023-5.jpg
〈飯田のシンボル…風越山〉

さて、上の写真の風越山ですが、毎年「風越山を撮ろう」というイベントが行われています。
6月1日午前11時11分に、思い思いの場所から、一斉に風越山を撮影します。
(多少の時間の誤差はOKです)
今年、6月1日撮影に初参加。
その後、7月に写真展示を見に行きましたが、応募総数400点余、
それぞれが工夫を凝らして撮影した様子がとても楽しい!
気軽に参加できるので、6月1日は、風越山にレンズを向けましょう!
好きなもの | Comments(0) | Trackback(0)
2008/10/17.Fri

新野の大イチョウ

081015-4.jpg

さて、前回紹介したハナノキと同時期に、新野のもう一つの大木の紅葉を見ることができます。
新野の大イチョウです。(新野の大公孫樹、と書くらしいです)
場所は飯田方面から新野に入ってすぐの大村地区にあり、国道151号線を新野の中心へと向かう、右手奥に見えます。
常緑樹の山の一角が、切り取った様に黄色に染まっています。
大イチョウの大きさは、下のビニールハウスと比べてもらえばわかるかと思います。
(土手でちょっと隠れていますが、このビニールハウスは普通の大きさのものです)

081015-1.jpg

昨年、初めて大イチョウを見に行ってきました。
まず、夕方近くにでかけ、撮影ポイントを探しました。
大イチョウは民家のすぐ側にあり、このお宅のおじさんに了解をもらって、畑の土手で写真を撮らせてもらいました。
おじさん曰く、「上からだんだん色が変わっていくのよ」だそうです。
右下におじさんが写っています(笑)

081015-2.jpg

その夜、再度行ってみました。
この大イチョウ、夜になるとライトアップされるんです!
ライトで照らされた黄色のイチョウの葉が暗い中に浮かび上がって、とても幻想的でした…♪
何枚か写真を撮っていると、先ほどのおじさんが「こっちから見ると、またすごいよ」と教えてくれました。

081015-3.jpg

というわけで、おじさんの家から見る大イチョウ。って、すげー迫力!!
なんて贅沢な眺め! このお家の人達がうらやましい!
大イチョウのあるところはほとんど庭のようになっていて、イチョウのすぐ下に四阿が作られていました。
中にはテレビやお茶の道具が……
生活感たっぷりで、まるで居間みたいでしたが、それもいい雰囲気でした。

081015-5.jpg

今回の写真は、全て2007年11月3日に撮影したものです。
先週はまだてっぺんがほんのりと淡い黄緑になったかな、というところでした。
たぶん、今年の紅葉も同じく11月初旬くらいかなと思います。

それと、前回のハナノキ、先週(10/12)の時点ではまだ緑が多く、ぼちぼち色付き始めた、といった感じでした。
紅葉狩り、というには物足りないかもしれませんが、ハナノキと大イチョウ、どちらも同じ頃に見頃を迎えますので、ぜひ見においなんしょ~♪
今年もはりきって撮りにいくぞ~!

新野よいとこ | Comments(0) | Trackback(0)
2008/10/11.Sat

新野小学校のハナノキ

081007-1.jpg
〈2007.11月…新野小学校のハナノキ〉

昨年11月、紅葉の写真を撮ろうと散歩に行き、甥にどこかきれいな紅葉はないかと訪ねると、「学校のハナノキが紅葉しとる!」と教えてくれました。
母校なのにその存在を忘れていた私……
そうかそうかと新野小学校へ行ってみました。

081007-2.jpg

こんな真っ赤に染まったハナノキを、何年ぶりに見たでしょうか…
新野では、新野小学校と阿南第二中が向かい合っているので、おそらく中学を卒業するまでは見ていたと思いますが、それ以来、秋の学校に来ることもなく忘れていたのです。

081007-3.jpg

下から見上げると、なんだか小学校の頃に戻ったようでした。
この下で遊んだり、プロペラのような実を拾ったことを思い出しました。
自分は大きくなったはずなのに、ハナノキからみたらほんのちょっとの成長で、自分って本当にちっぽけなんだなぁと実感。

081007-5.jpg

地面にはきれいに染まった葉が落ちていました。

新野の大村地区にある「新野のハナノキ自生地」は、大正11年10月12日に国の天然記念物に指定されています。昔はハナノキの大木が多く自生していたようですが、戦後の開拓等で古木はなくなってしまい、現在は2世のハナノキたちが保護され、成長しているそうです。
小学校の大きなハナノキは貴重な1本なのです。

081007-4.jpg

ハナノキは毎年毎年、子ども達を見守ってくれています。
写真はいずれも2007年11月4日のものなので、今年の色付きはこれからかと思います。とにかく立派な木ですので、新野方面へ行った時は、ちょっと寄ってみてください。ハナノキの赤い葉っぱが、新野の澄んだ青空にキレイに映えます。

明日は新野地区の運動会なので、運動会の合間にハナノキの下で和んでこようと思っています。

新野よいとこ | Comments(0) | Trackback(0)
2008/10/06.Mon

はかりまき公園

a href="http://blog-imgs-29.fc2.com/k/i/l/kilroy86/080924-4+.jpg" target="_blank">080924-4+.jpg
〈はかりまき公園からの眺め〉

飯田から国道151号線を新野へと向かっていくと、帯川トンネルという長~いトンネルを抜け、ループと呼ばれるグルグル回る道があります。
走ってみると分かるのですが、グルンと一周するので、スピードを出して走ると遠心力との戦いになります。
同乗者がいる場合は気をつけなければなりません。
調子に乗っていると怒られます。
さらにこのループ、カーブの部分が橋で出来ている箇所が多くあり、冬の朝は橋の上が凍ってることがあるので、注意が必要です。

080923-5.jpg
〈公園へ登る道に伸びる草〉

さて、ループをグルグル回って行くと、右側に「はかりまき公園」という看板があります。
公園へと登る道がありますが、車は入れませんので、道の途中に止めて、公園へ向かいます。
この「はかりまき公園」…公園と名前が付いていますが、実は何もありません…。
「はかりまき公園」と書かれた立看板と、扇状に広がった空き地、空き地を囲う柵、後方の高台に展望台がある…そんな程度。

080923-6.jpg
〈公園の高台にある展望台〉

おそらく訪れる人も少ないと思うのですが、人に出会うことはまずありません。
あまりに人気がないので、この展望台へも近付くのが怖い。
…人が倒れていたらどうしよう…と、真っ昼間でも思ってしまうような変な静けさがあります。

081006-1.jpg
〈霧がまるで龍のよう…〉

そんな感じのちょっと淋しい公園ですが、正面に開ける景色は素晴らしくいい!
天気が良ければ遠くの山まで見通せますが、こんな風に霧が出ている様も素晴らしい。
普通に道を走って行けば、この霧の下を走ることになりますが、公園から見下ろすと、大きな龍が山肌に体を預けているようにも見えて、自然の美しさに見とれてしまいます。

081006-2.jpg
〈紅葉間近…2007年11月4日〉

新野は標高が高いので、紅葉も少し早めに始まります。
写真は昨年11月の始めのものですが、ループの途中で車を止めて紅葉を撮影しているカメラマンの姿もあったりします。

080923-7.jpg
〈公園入り口のねこじゃらし〉

今年ももうじき紅葉が始まります。
新野では、大村の大イチョウ、小学校のハナノキと、大木の紅葉を見ることができます。
この二つについては、またご紹介します。
新野よいとこ | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME |