FC2ブログ
--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/10/07.Wed

稲刈り… はざかけ米

091007-1.jpg
〈稲刈り始め!〉

チャカコン、チャカコンと、稲刈り機の音が新野の空に響く。
9月の大型連休最終日の午後、雨を心配しながらも、稲刈りが始まった。
とはいえ、気持ちよく晴れた、稲刈り日和。


091007-2.jpg
〈ハザ造り〉

ある程度の広さを刈り取ると、刈った稲をかけるハザをたてる。
新野周辺のハザは、高い。
…というのを、飯田に行くようになって気がついた。
飯田のハザは1段だが、我が家のハザは4段になる。

長い木の杭を5本差し込み、その杭の間に、竹を渡して、固定していく。
竹は、程よくしなって丈夫なので、稲の重みにも耐えるのだ。
杭の間の竹を、三脚でさらに支える。
このままでは、正面から風が吹くとバタンと倒れてしまうが、
それぞれの杭の左右に、スケと呼ばれる杭をナナメに固定する。
これで、風が吹いても倒れない。

すべて手作業で、ハザを組み立てるのに2時間ほど要する。


091007-3.jpg
〈途中、猫も手伝う〉

猫も、田んぼでお手伝い♪
…なわけがない。
稲の間のバッタやカエルを、追いかけまわしていた。


091007-4.jpg
〈初日、夕方6時〉

6時を回り、すっかり暗くなったので本日の作業終了。


091007-5.jpg
〈最後の稲をかける〉

4日後、再び手伝いに新野へ行くと、すでに最後の稲をかけていた。


091007-6.jpg
〈完成間近のハザ〉

稲をかけ終わり、一番上に雨よけのブルーシートをかければ、終わり。
手前のナナメの棒がスケ。
奥へ、三脚の足、スケ、三脚の足、スケと並んでいる。

ところどころ立っているのは、鳥よけのCD。
キラキラして、嫌がるのだそうだ。


091007-7.jpg
〈できあがると、こんな感じに〉

今では、コンバインで刈る田んぼも増えたが、
父いわく、「お日さまにあてて乾かした米の方が旨い」という。

「はざかけ米」は、昔から続く旨い米の作り方なのだ。

091007-8.jpg
〈刈られた稲〉

今年の稲刈り、終わり。



↓ぽちっとお願いいたします
banner_12.gif
スポンサーサイト
新野よいとこ | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。